海外旅行で携帯を使うには?4つの方法とメリット・デメリットを解説

海外旅行で携帯を使う4つの方法

こんにちは!ねこまるです★

海外旅行へ出かけることが決まると、スーツケースの用意や荷物の整理、海外旅行保険の手配なんかで忙しくなりますよね。

特に、初めて海外に出かける人にとっては分からないことが多くて大変、、、

そうこうして準備を進めていると、ふとこんな疑問の湧いてくることもあるのではないでしょうか?

それは、海外で携帯ってみんなどうしてるの?ということ。

ミーちゃん
来月友達と初めての海外旅行に出かけるんだけど、携帯って必要なのかなぁ?
ねこまる
初めてだと分からないことが多いよね、、、

僕は海外旅行には絶対に携帯を持っていくべきだと思うよ!

異国の地でネット接続がないと不安なことも多いだろうし、何かトラブルが起きた時の連絡手段としても必要になるからね。

ミーちゃん
なるほど、、、でも、どうやって使ったらいいの?

海外で携帯を使うと高額なお金がかかるってことはないのかな?

ねこまる
その辺も心配だよね。

結論から言うと、海外で携帯を使う方法には次の4つの方法があるんだ!

  1. 自分の普段使っているスマホのwifiのみを使う方法
  2. 普段使っている携帯の海外パケットプランを使う方法
  3. 海外用の携帯を業者からレンタルする方法
  4. simフリー携帯を使う方法

必要な料金も方法によって様々なんだ。

ミーちゃん
こんなに方法があるんだね、、、

たくさんあって、どれを選べばいいのか分からないなぁ〜・・・

ねこまる
そう言うと思ったよっ!

今回は、それぞれの方法がどんな人にオススメなのか、またメリットやデメリットも分かりやすくまとめてみたよ!

ぜひミーちゃんの参考にしてね!

ミーちゃん
ほんとに!?ねこまる君ありがとうっ♡

ということで、今回は海外で携帯を使う4つの方法について詳しくお話ししていきます!

これから海外旅行や出張に出かける方のお役に立てれば幸いですっ

はじめに:海外で携帯を使う方法を選ぶポイントを確認しておこう!

ねこまる(説明)

ねこまる
海外で携帯を使う方法を選ぶとき、次の3つのポイントが重要になるんだ。

準備を始める前にしっかりと考えておこう!

海外で携帯を使う方法を選ぶ3つのポイント

  • 携帯を使う目的は何か?

例)電話がしたい?データ通信がしたい?メールを送りたい?もしくは全部?

  • 滞在期間はどれくらいか?

例)3泊だけだから最低限使えれば良い、長期だからしっかりと使いたい、等

  • どれくらいの料金を求めてるか?

例)安ければ安いほど良い、多少高くても面倒でなければ良い、等

ミーちゃん
なるほど。。。

つまり、「何の機能を(電話/データ通信/SMS)」「どれくらい(量や期間)」「いくらで(料金)」使いたいかを考えておく必要があるんだね!

ねこまる
その通り!それぞれのポイントをよく吟味して、自分にぴったり合った方法を選ぼうね!

それでは、早速海外で携帯を使う方法を紹介していくよ!

① 自分の普段使っているスマホのwifiのみを使う方法

スマホのwifiのみを使う方法
こんな人にオススメ!
目的 ネットさえ使えれば良い。とにかく費用を抑えたい。
滞在期間 1週間以内の短期旅行
料金  ほとんどかからない(電話利用時やwifiをレンタルした場合は別途かかる)

海外で携帯を使う1つ目の方法として、普段日本で使っているスマホのwifi機能だけを使う方法があります。

つまり、「電話やデータ通信・SMSなどの機能は使えなくて良いから、wifiがあるところでだけネットを使えれば良い」という考え方ですね。

基本的に、海外現地の空港やたいていのホテルではwifiサービスを利用することができます。

また、宿泊先がゲストハウスやユースホステルなどの安宿であっても、wifi電波の利用できる施設はたくさんあるんです!

Point.1 : ラインやメールなどの連絡手段やSNSが使える

wifiが使えれば、普段から日常的に使っているラインやeメールも使うことができますし、現地の情報収集だって行うことができますね。

FacebookやTwitter、インスタグラムなどのSNSで現地の様子を投稿したい人もwifiがあれば問題ありません。

ねこまる
今ではネットが使えれば何でもできてしまうからね!

Point.2 : wifiスポット以外ではネットが使えないため、緊急時に困る可能性がある

wifiのみを使う場合、空港やホテルなどのwifiスポット以外ではネットを使うことができません。

これにはどういうデメリットがあるかと言うと、

  • 空港から宿に着くまでの道のりで困ったことが合ったときにネットを使えない
  • 宿にチェックインして、街を観光しているときにネットを使えない

といった部分で不便があるということなんです。

異国の地では「目的地までの道のりや交通手段を調べたい」「言葉を調べたい」「友達と連絡を取り合いたい」など、様々な状況が考えられますね。

こうしたときにネットが使えなければ、不便であることはもちろん、緊急時には危険な状況にもなりかねません。

そのため、wifiだけを利用する場合は、移動があるたびに前もって入念な下調べ・情報収集を行っておく必要があるんです。

ミーちゃん
wifiスポットだけしかネットが使えないっていうのはちょっと怖いかもね、、、

Point.3 : 空港やホテル以外でもネットするなら、wifiをレンタルしよう

wifiスポット以外でもネットが使えるようになれば、緊急時でもひとまずは安心できるでしょう。

そこで、現地のどこにいてもwifiが使えるように、海外用のポケットwifiを業者からレンタルする方法がオススメです

海外用ポケットwifiのレンタル業者は数多くあり、料金体系も様々です。有名所には、以下のような業者があります。

海外用ポケットwifiの業者とレンタル料金

地域 イモトのWiFi グローバルWiFi jetfi
500MB 250MB 500MB 300MB 500MB
アジア
(1ヵ国)
680円〜 370円〜 570円〜 何カ国でも
680円
何カ国でも
980円
複数国の
周遊プラン
1,280円〜 1,180円〜 1,380円〜
ヨーロッパ
(1ヵ国)
980円〜 770円〜 1,070円〜 世界周遊プランと同じ 世界周遊プランと同じ
複数国の
周遊プラン
1,280円〜 1,180円〜 1,280円〜
世界周遊
プラン
1,580円〜 〜1,980円 何カ国でも
980円
何カ国でも
1,280円 

※上記は1日あたりの貸出し料金です。
※上記料金のほか、受取手数料やオプション代がかかる場合があります。

基本的にeメールやSNSのメッセージだけにポケットwifiを使うなら、250MBや300MBで問題ありません。

ただし、ネットを使ってある程度の調べ物をしたり、ネットサーフィンをするなら500MBはあった方がいいでしょう。

イモトのWiFi』は500MBプランがもっとも安く使え、『グローバルWiFi』は料金プランが細かく設定されていて小さいMB数にも対応しています。
難しく考えずにシンプルな基準で選びたいなら、料金体系がもっとも明快な『jetfi』を選ぶといいですね。

どれもネットから簡単に申し込みができ、郵送、もしくは空港での窓口で受け取ることが可能です。

ねこまる
ポケットwifiは1台あれば複数人で利用することもできるから、友達や家族で旅行に出かける場合にはお得になるね!

Point.4 : 国際ローミングを使えば、海外で電話することも可能

普段自分の使っているスマホが国際ローミングに対応している場合、海外で電話を利用することもできます。

国際ローミングとは、日本の携帯の電話機能が海外でもそのまま使えるサービスですね。

とはいっても、今ではドコモ、au、ソフトバンクなど大手キャリアのほとんどの機種が国際ローミングに対応しているんです。

もし心配なら、自分の持っている機種が国際ローミングに対応しているかどうかを調べてみてくださいね。

気になる海外での電話料金ですが、実際にはそれほど高額でもありません

例えばアメリカで電話を利用する場合、大手3キャリアの通話料金は・・・

  • アメリカ内での電話は80~125円/分
  • アメリカから日本への電話が140~180円/分
  • 自分への携帯の着信は110~175円/分

のようになっています。

1時間長電話しても最高額で1万円ほどで収まってくれるため、ビクビクするほどではないかと思います。

ただし注意したいのが、国際ローミングでは着信した時もお金がかかるということです。

通常設定だと、日本から自分の携帯に電話があった時には自動転送によって普通に着信してしまいます。

もし着信が煩わしい場合は、自分が電話を利用する時以外は「機内モード」に設定しておくと良いでしょう。

ねこまる
機内モードではスマホの電話ネットワークやBluetooth、GPSといった電波を利用するサービスをオフにしてくれるんだ!

もし機内モードに設定していても、wifiは問題なく使えるから安心だね!

注意:モバイルデータ通信(データ接続)は「設定」メニューからオフにしておこう

海外では各キャリアの「海外パケットプラン」を利用せずにネット通信すると、高額な料金を請求される危険があります。

そのため、次で説明する「海外パケットプラン」を利用しない場合は必ずデータ通信機能を切っておきましょう。

② 普段使っている携帯の海外パケットプランを使う方法

携帯の海外パケットプランを使う方法
こんな人にオススメ!
目的 現地でネットを快適に使いたい。煩わしい手続きは省きたい。
滞在期間 1週間ほどの短期旅行
料金  1日2,000~3,000円ほど(電話やSMS利用時は別途費用がかかる)

海外で携帯を使う2つ目の方法に、普段自分の使っている携帯の「海外パケットプラン」に加入する方法があります。

これは、渡航先でも日本にいる時と同じようにデータ通信(インターネット)が利用できるプランに入るということですね。

海外パケットプランは基本的に申し込み不要で利用することができますが、キャリアによってはプランの適用条件が変わります。

以下には、日本の3大キャリアの料金プランと適用条件をまとめてみました!

日本の3大携帯キャリアの海外料金プラン&適用条件

  au
(海外ダブル定額)
Docomo
(海外パケ・ホーダイ)
Softbank
(海外パケットし放題)
使用データ量
&
利用料金
0〜24.4MB
1,980円/日
0〜24.4MB
1,980円/日
0〜24.4MB
1,980円/日
24.4MB以上
2,980円/日
24.4MB以上
2,980円/日
24.4MB以上
2,980円/日
申し込み 不要 不要 不要 
プランの適用条件  専用アプリから設定(iOS/Android)  「設定」からデータローミングをオンにするだけ
  • 世界対応ケータイとウェブ使用料(300円/月)のサービスに加入していること
  • 現地で定額対象事業者の回線に手動で繋ぐこと
ねこまる
海外パケットプランを利用するときも、テザリングを使えば複数人でネットワークを共有することができるよ!

料金は少し割高だけど、自分の携帯をそのまま海外で使えるのは便利だね!

Point.1 : 2カ国以上の旅行でも同一料金で使える!

大手3キャリアの海外パケットプランは、2ヵ国以上の旅行であっても同じ料金で利用することができます。

使える国数も多く、Docomoでは世界104カ国。auやSoftbankは日本旅行者の渡航先の99%以上をカバーしています。

1回の海外旅行で複数の国を周る予定のある方にとっては、国をまたぐ度に料金プランが変更されることがないため、シンプルで使いやすいですね。

Point.2 : 国際ローミング対応機種で電話もできる

自分の使っている携帯が国際ローミングに対応していれば、もちろん海外で電話することもできます。

ただし、海外パケットプランはデータ通信に関する定額プランなので、電話料金が安くなることはありません。

Point.3 : 通信設定には注意が必要!

海外パケットプランを利用するとき、ネットワークの設定には細心の注意を払わなければいけません。

というのも、渡航先でデータ通信をするとき、自分の利用している携帯キャリアと非提携の通信業者に接続してしまうと高額な通信料が請求される場合があるんです。

その金額はどれくらいかというと、1KBあたり約1.5円、、、

例えば、Yahoo!のトップページを開くにはデータ量を235KB使うため、およそ350円かかります。

Google Mapを開いて現在地を表示すれば732KB使うため、およそ1,100円かかります。

Youtubeの動画を1分見ると3MB使うため、およそ3,000円かかるんです。

とある日本人旅行者は、海外パケットプランに加入していたにも関わらず、渡航先で気づかない間に非提携の事業者に接続されていたという話があります。

その旅行者は帰国後、担当者から76万円の通信費を請求されたのだとか、、、笑

笑ってはいけませんが、海外パケットプランをもし利用する場合は本当に注意して設定する必要があるんです。

ねこまる
76万円って、、、心臓に悪すぎる。。

Point.4 : 高額請求を避けるためにも事前に提携事業者を確認しておこう

とんでもない高額な通信料の請求を避けるためにも、事前に各キャリアの提携事業者名をウェブサイトで調べておきましょう。

また、現地で海外パケット通信を始めるまでは念のためデータ通信をオフにしておきます。

そして、現地に到着した時に初めてデータ通信を起動し、提携事業者のネットワークを検索してから手動で接続するのが安全でしょう。

ねこまる
海外パケットプランは便利だけど、十分に注意して使う必要がありそうだね、、、!
補足

Docomoの場合は、データローミングをオンにするだけで自動的に提携事業者へ接続されるようです。

心配な方は、念のためDocomoのサポートセンターへ事前に確認しておくと確実でしょう。

③ 海外用の携帯を業者からレンタルする方法

携帯を業者からレンタルする方法
こんな人にオススメ!
目的 ネットはせず、電話を中心に使いたい。安定した通話状態で電話したい。
滞在期間 〜1ヶ月ほどの短期・中期旅行者向け
料金  通話時間が増えるほど料金は高くなる

海外で携帯を使う3つ目の方法に、海外用の携帯を業者からレンタルする方法があります。

これはつまり、業者からレンタルした携帯を使って現地の電話回線を使う方法ですね。

海外用のレンタル携帯はスマホではないため、インターネット接続することができず「電話のみ」可能な機種がほとんどなんです。

インターネットを使いたい人には不向きな方法かもしれません。

Point.1 : 海外用レンタル携帯の通話料

海外用レンタル携帯は現地のローカル回線を利用するため、通話料が日本の国際ローミングと比べて安くなりそうな気がしますが・・・

実は、そうでもありません。

というより、日本の携帯で電話するときよりも割高な場合が多いんです、、、

以下ではアメリカでの海外用レンタル携帯と日本の国際ローミングでの通話料を比較してみました。

日本機種の国際ローミング vs. 海外用レンタル携帯

  日本(大手3キャリア) 海外用レンタル携帯(大手3企業)
現地国内での通話 80~125円/分 220~250円/分
日本への発信  140~180円/分 220~250円/分
着信時  110~175円/分  220~250円/分

海外用レンタル携帯は上記の通話料以外にも、1日ごとのレンタル基本料(400~650円程度)がかかる場合があります。

ただし、レンタル基本料は無料で、通話料のみ課金する業者も多くあるため、一概には言えません。

ミーちゃん
海外用レンタル携帯って意外と通話料がかかるんだね、、、
ねこまる
そうだね。でも、海外用レンタル携帯には以下のようなメリットもしっかりあるんだ!

Point.2 : 海外用レンタル携帯はこんな人におすすめ!

海外用レンタル携帯はデメリットが目立つように見えますが、実は次のような方にはとても便利なんです。

  • 現地で電話をメインで使う人

海外用レンタル携帯は現地のローカル回線を使うため、通話状態は安定しています。

一方、日本の携帯は地域によって国外で接続が不安定になる場合があります。

  • 国際ローミング対応の携帯を持っていない人

自分の携帯が国際ローミングに対応していない場合、海外用レンタル携帯を活用すると便利です。

現地ですぐに使うことができ、連絡手段を確保することができます。

  • 国際ローミング対応の携帯は持っているが、渡航先の地域には対応していない人

自分の携帯の国際ローミングが渡航先の地域をカバーしていない場合、海外用レンタル携帯が役に立ちます。

  • 一律料金の分かりやすい料金体系を求めている人

海外用レンタル携帯は世界のどこで利用しても料金体系が一律のため、分かりやすく明快です。

ミーちゃん
こんなメリットがあったんだね!仕事で出張で渡航するって人には便利かもしれないね!

Point.3 : 端末は宅急便・空港受け取りが可能

海外用レンタル携帯はネット、もしくは電話で申し込むことができ、端末の受取方法には宅急便か空港受取のどちらかを選ぶことができます。

同じく、返却時も宅急便と空港返却のどちらかを選べるケースがほとんどです。

ミーちゃん
申し込み・受け取りが全国のどこにいてもできるのは嬉しいねっ

Point.4 : インターネットを使う場合はwifiもレンタルしよう

もし渡航先でインターネットも使いたい場合は、wifiもレンタルしておくと良いでしょう。

その場合は、自分の携帯かパソコンを持参しておくと、渡航先で自由に使うことができますね。

Point.5 : 電話番号は変わるため注意が必要

海外用レンタル携帯は日本の携帯とは別の電話番号になります。

そのため、日本にいる家族や友人、仕事の関係者、現地の取引先などにあらかじめ電話番号を知らせておく必要があるでしょう。

ただし注意したいのが、端末の電話番号が告知されるのは出発の2日前となっている場合が多いということです。

それ以前に電話番号を知らせて欲しい場合は、申し込み時点で申請し、追加料金を支払う必要があります。

ねこまる
これらのことを理解したうえで、自分にメリットがある場合は海外レンタル携帯を申し込んでみよう!

④ simフリー携帯を使う方法

simフリー携帯を使う方法
こんな人にオススメ!
目的 日本にいる時と同じように快適に電話・ネット・メールを使いたい。
滞在期間 1週間以内の短期旅行から1年以上の長期旅行まで
料金 とにかく安く抑えたい。

最後に紹介する海外で携帯を使う方法は、simフリー携帯を使う方法です。

simフリー携帯とは、Docomoやau、Softbankといった携帯キャリアを通さず、専用の通信カード(simカード)を挿入して現地の通信回線を利用する携帯のことです。

日本では通常、電話やネットの通信回線を「携帯キャリアを通して」利用しているため、携帯料金が余計に請求されています。

しかし、simフリー携帯であれば、携帯キャリアを介さず、直接現地の公衆回線へと繋ぐことができるため、格安で携帯を使えるんです!

simカードは現地の空港やコンビニ、スーパーなどで購入することができ、通話・ネット・メールすべてを現地価格で利用することができます

ねこまる
最近では、日本でも『格安sim』と呼ばれるsimフリー携帯が登場したため、僕も大手携帯キャリアから乗り換えることにしたんだ!

以前は毎月10,000円近く支払っていた携帯代が、今では1,500円で問題なく利用できてます。

この安さと快適さに慣れたら、もう普通の携帯には戻れませんっ・・・!

Point.1 : 格安で快適!simフリー携帯でこんなにもお得に!

一般的に、海外では空港やコンビニで販売されているプリペイドsimカードを購入し、自分のsimフリー端末に挿入することで利用を開始します。

プリペイドsimカードとは「このカードを買えば、通話〜分、データ通信〜GB、SMS〜通まで送れますよ」といった、いわば先払い式の通信カードのことですね。

通常は有効期限が決まっていて、3〜7日間だけ有効の短期旅行者向けsimカードがあったり、1ヶ月式や1年式のsimカードもあります。

データ通信量や通話時間が超過した場合は、使いたい分だけチャージすれば再度問題なく利用することができます。(※手順は後述します)

simフリー携帯は、海外で携帯を「格安価格で快適に使いたい」という方にオススメです!

以下の表では、香港・アメリカ・イギリスのプリペイドsimカードを使った時の料金と、日本の海外パケットプランの料金を比較してみました。

それぞれの国で7日間使った時の料金の差は一目瞭然です!

海外での7日間の携帯料金(現地プリペイドsim vs. 日本の海外パケットプラン)

携帯の種類 電話 通信 SMS 1日あたり料金 7日間の総額

香港
csl
(8日間プリペイド)

無制限 5GB 1.4円/1通 241円 1,690円

アメリカ
T-mobile Pay as You go

(7日間プリペイド)

30分まで 1GB 30通まで 207円 1,453円

イギリス
three Pay as You go

(7日間プリペイド)

100分まで 1GB 3,000通まで 212円 1,485円

日本の海外パケットプラン
(日割り定額)

1分あたり
80~125円

無制限 100円/1通 2,980円 20,860円
ねこまる
コストパフォーマンスが全然違うことが分かるね!

プリペイドsimカードには色んな種類があるから、通話時間やデータ通信量が足りないと思えば、自分の求める容量のsimカードを購入すると良いね。

Point.2 : simフリー携帯の使い方とは?

simフリー携帯の設定方法は、利用するプリペイドsimカードによって多少異なります。

ただし、ほとんどは次で紹介する手順で問題なく使えるようになります。

もし現地で設定することが不安な方は、出発前に日本で購入できる海外のプリペイドsimカードもあるため、購入を検討すると良いでしょう。

ねこまる
simフリー携帯を使うために準備するものは、次の2つだけでOKです!

  1. simフリー端末
  2. プリペイドsimカード

それでは早速、simフリー携帯の使い方を紹介していくよっ

STEP1: simフリー端末を準備しよう!

はじめに、プリペイドsimカードを挿入して利用できるように、simフリー携帯の端末を用意します。

simフリー端末を準備する方法は2つあり、1つが「自分の使っている携帯をsimロックを解除する方法」。そしてもう1つが「最初からsimフリーな端末を購入する方法」です。

自分の使っている携帯をsimロック解除して海外で使えるようにしたい方は、Docomoやau、Softbankの店舗窓口で「simロックを解除してください」と言えば、店員さんがやってくれます。

もしくは、各キャリアのウェブサイトから自分でロックを解除することもできます。

ただし、キャリアによってはsimロック解除のできる機種や条件があるため、simロックを解除する前に確認しておきましょう。

ねこまる
simロックとは、各キャリアが「他の通信業者を使えないように」端末のキャリアを固定している状態のことをいいます。

この状態では端末へプリペイドsimカードを挿入しても使えないため、simロックを解除してもらう必要があるんだ!

そしてもう1つの「最初からsimフリーな端末を購入する」方法ですが、こちらは文字どおり、初めからsimフリーな携帯端末を渡航前に準備します。

simフリー端末は、Amazonなどのネットショップで好みのものを注文すればOKです

simフリー端末

あるいは、今使っている携帯を解約し、日本のsimフリー携帯会社(格安sim)へ乗り換えてもOKです!

使い勝手がよく人気のあるsimフリー会社には、以下のようなところがあります。

UQ-mobile(端末&simセット)

【一番人気のプラン】おしゃべりプラン
プランS(2GB/月) 月額1,980円
(端末代込み)
プランM(6GB/月) 月額2,980円
(端末代込み)
プランL(14GB/月) 月額4,980円
(端末代込み)
ポイント
  • 初期費用は 3,348円 のみ
  • 5分以内の国内通話が何度でも無料
  • 最大13,000円キャッシュバックキャンペーン中
  • 海外simカードへ差し替えれば現地でそのまま使える

U-mobile(端末&simセット)

u-mobile
【一番人気のプラン】音声通話機能付きプラン
月々3GBプラン 月額1,580円
月々5GBプラン 月額1,980円
月々25GBプラン 月額2,880円
ポイント
  • 初期費用は3,394円 + 端末料金(一括払い)
  • 1GBあたりの料金がもっとも安い
  • 海外simカードへ差し替えれば現地でそのまま使える
ミーちゃん
本当に安い・・・

格安simの携帯へ乗り換えたその月から、普段支払ってる携帯料金よりも安く使いはじめることができるんだねっ

いっそのこと日本でもsimフリー携帯に乗り換えてしまおうかな・・・♡

ねこまる
かなり費用が抑えられるからね!

もちろん、今使っている携帯番号をそのままsimフリー携帯へ移行することもできるよ!

その場合は、いま使ってるキャリアの店頭窓口か、もしくは電話窓口で「他社に乗り換えたいのでMNP転出をお願いします」と伝えるだけで、MNP転出の予約番号を発行してもらうことができるんだ。

発行した予約番号は、格安simの申し込み時に入力することで番号をそのまま使えるようになります!

STEP2: 現地のプリペイドsimカードを購入しよう!

simフリー端末が用意できれば、次に海外で使うプリペイドsimカードを購入します。

現地で使えるsimカードは渡航先の空港やコンビニ、スーパー、携帯ショップなどで購入することができます

店員と英語でやり取りすることが不安な方や、設定が心配な方は日本で事前に購入しておくと良いでしょう。

以下は日本で購入することのできる代表的な海外旅行者向けプリペイドsimカードです。

  • 楽天モバイル「海外SIM」(7日間有効/180カ国以上対応)
  • IIJmio 海外トラベルSIM(14日間有効/42カ国対応)
  • mineo(マイネオ) 海外用プリペイドSIM (30日間有効/100カ国以上対応)
ねこまる
料金は少し割高になる傾向があるけど(とは言っても安い)、日本でsimカードの設定ができるのは嬉しいねっ!

注意

simカードのサイズには標準SIM、マイクロSIM、ナノSIMの3種類があります。

標準SIMは2014年以前の古い機種で使われていて、それ以降はマイクロSIM、ナノSIMが主流になっています。

事前に自分のsimフリー端末に挿入するsimサイズを確認しておきましょう。

STEP3: 購入したプリペイドsimカードをsimフリー端末に挿入しよう!

プリペイドsimカードの用意ができれば、いよいよ自分の持っているsimフリー端末にカードを挿入します。

多くの場合、後ろのカバーを外してsimカードを入れ替えます。

Android_simカード挿入

アンドロイド端末にsimカードを挿入する場合

simフリー端末がアンドロイドの場合は↑のような感じ。

一方、iPhoneの場合は↓のようになります。

iPhone_simカード挿入

iPhoneにsimカードを挿入する場合

iPhoneはアンドロイドと違って横から取り出すんですね。

simカードを取り出す時、iPhone購入時のケースの中に専用のツールが同封されていますが、↑のように安全ピンなどで代用してもOKです。

※iPhone5以降はsimカードのサイズは「ナノSIM」となっているので注意しましょう。

これでセットは完了です!

STEP4: 開通(アクティベーション)を行おう!

セットが終われば、simカードの開通(アクティベーション)を行う必要があります。

開通方法はsimカードによって変わるため、ここが一番面倒に感じる人が多いんじゃないかと思います。

ただ、開通方法は基本的には以下の3つの中のどれかです。

開通方法

  1. セットした後、再起動するだけで開通されるもの
  2. セットした後、携帯に届いたメッセージの内容に従って開通するもの
  3. sim提供会社のウェブサイトとスマホを使って開通するもの
それぞれの開通方法はsimカードのパッケージ(もしくは説明書)に記載されていて、携帯ショップでは開通方法も丁寧に教えてくれます。

自分でセットするのが不安な方は空港に入っている携帯ショップでsimカードを購入し、店員さんにこう言うと良いでしょう。

  • Would you set up the sim card for me please?

simカードの設定をしていただけませんか?(自分のsimフリー端末を差し出しながら)

たいていは快く引き受けてくれるはずですよ!

ねこまる
これで早速ネットや電話を快適に使えるようになるよ!

店員さんにやってもらえば面倒くさい設定も楽勝だねっ

STEP5: 足りなくなったらチャージしよう!

プリペイドsimカードはあらかじめ割り当てられている通話時間、データ通信量、SMS数をパッケージで購入する方法です。

そのため、もし旅行の途中でデータが無くなったり、通話時間が足りなくなったらチャージして再度利用できるようにします。

この時、チャージする方法は以下の2通りあります。(※simカードによって異なる)

  • sim提供会社のウェブサイトからオンラインで追加

所定のページで自分のSIMカード番号を打ち込み、クレカ決済してチャージする

  • 残高追加バウチャーを購入する

コンビニや携帯ショップで残高追加バウチャーを購入し、バウチャーに記載の内容に従ってチャージする

分からなければsimカードを購入した携帯ショップや、ホテルの人に手伝ってもらうと確実でしょう。

ねこまる
以上がsimカードの使い方になるよ!

設定がややこしそうに見えるけど、買ってみれば案外簡単に開通できるものだよ!

不安な時は現地の人のいろんな人の力を借りれば良いさっ

まとめ:自分に合った方法を見つけよう!

まとめ

ねこまる
いかがだったかな?

ミーちゃんに合いそうな使い方は見つかったかな?

ミーちゃん
うんっ!私はこれからもっと海外旅行に出かけるつもりだから、いつでも旅行で携帯を使えるようにsimフリー携帯にチャレンジしてみようかなっ!

日本にいても携帯代が抑えられるしね♡

海外でこんなに安くで快適に携帯を使える方法があるなんて知らなかったなぁ〜

ねこまる
海外旅行にあまり出かけないと、海外での携帯事情はやっぱり分からないことも多いよね、、、

日本でも海外でも格安で、快適に通話やネットを楽しみたいならsimフリー携帯は良い選択だね!

また、simフリー携帯の他にも…

  • 自分の普段使っているスマホのwifiのみを使う方法
  • 普段使っている携帯の海外パケットプランを使う方法
  • 海外用の携帯を業者からレンタルする方法

といった携帯を使う方法を紹介してきました。

自分に合った方法を見つけるためにも、(1)携帯を使う目的(2)滞在期間(3)求めている料金の3つのポイントに照らし合わせてじっくり考えてみてね!

ミーちゃん
うんっ!すごくためになりましたっ♡

というわけで、今回は海外で携帯を使う方法を詳しくお話ししてきました。

皆さんは自分に合った方法が見つかったでしょうか?

本記事が皆さんの海外での携帯の使い方選びの参考になりましたら幸いですっ

それでは最後まで読んでくれてありがとうございましたー!

おしまいっ


海外保険の費用を0円に!毎回の保険料を節約できる
おすすめクレジットカード海外保険8選


おすすめクレジットカード海外保険8選
海外保険付きのクレジットカードを1枚持っているだけで、毎回の保険料を数千円~全額まで抑えることができます

そこで、ネコトラが

  • 海外で自動的に保険が有効になるカード
  • 年会費無料で学生にも人気のカード
  • 治療補償が充実しているカード
  • 即日発行で明日には手元に届くカード

などを厳選し、安心の補償を受けながら保険料を大幅に節約する実例をまとめました。

ぜひ参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です