もし海外旅行で風邪をひいたら?オススメ風邪薬と鉄板対処法を教える

もし海外旅行で風邪をひいたら?

「もし海外旅行での旅先で風邪を引いたらどうしたらいいの!?」

初めての海外旅行に出かけるとき、疑問に思うことTOP3にランクインするんじゃないかってほど多くの人が抱える疑問です。

実は、海外旅行に使えるオススメ万能風邪薬と鉄板の対処法ってやつがあるんです。

どうも、世界一周バックパッカーのねこまるですっ

どんな人にとっても、せっかく取れた休みの中で計画する海外旅行は最高に楽しみたいもの。

それでも、やっぱり人間だから旅先で風邪を引いてしまうことってあるんです。

そんな時、風邪薬が無かったり適切な対処法を知らないと困るし、せっかくの旅行も台無しになりかねませんよね。

そこで、今回は海外旅行に持っていくべきオススメ風邪薬や、実際に風邪を引いてしまったときの対処法を紹介していきます!

ねこまる
せっかくの海外旅行だから、風邪を引いたときの対処法もしっかり身につけて、心置きなく旅行を楽しもう!
ミーちゃん
私も海外での風邪事情は気になる、、、勉強しておきますっ!

というわけで、これから海外旅行に出かける方はぜひ参考にしてくださいねっ

海外でも風邪薬は持ち込みOK!

海外でも風邪薬は持ち込みOK!慣れない環境でのカルチャーショックや食の違い、しつこい客引き、危険から身を守る配慮、、、

海外では、多くのストレスが付いてまといます。そのため、体調を崩しやすいことも事実です。

渡航先での体調不良に備えて、日本を発つ前に基本的な症状に対応する常備薬を揃えておしょう!

海外旅行に持っていくべき3つのおすすめ風邪薬

ねこまる
海外旅行に薬を持っていくときは、発症する可能性のある様々な症状を想定して、網羅的に対処できるように薬を準備しておこう!

使わなくても、安心できるという点で損はないよね!

風邪の諸症状を抑える総合風邪薬

パブロンゴールドA微粒
パブロンゴールドA微粒

ねこまる
パブロンは発熱やのどの痛み、鼻水・鼻づまり、咳などに効果があるよ!

僕が使った中で一番効果の高かった総合風邪薬です

 

発熱や頭痛を抑える解熱鎮痛薬

バファリンA
バファリンA

ねこまる
解熱鎮痛薬として活躍するバファリンは発熱を解消し、痛みを抑えてくれるよ!

女性の方には生理痛を抑えたいときにも使えるね!

お腹を下したときに使える整腸剤

正露丸

正露丸

ねこまる
腹痛や下痢、食あたりに。正露丸は医薬品だから効果とスピードが抜群に早いんだ!

胃の健康を助ける成分も入っているため吐き気にも有効と言われています。

これら3つの薬は少なくとも渡航前に用意しておきたいね!

服用中の薬がある場合は医師の証明書が必要

現在服用中の薬がある方で、海外に1ヶ月分以上の処方量を持っていく場合は医師の証明書が必要です。

また、注射剤を持っていく場合は数量に関わらず証明書をもらいましょう。

証明書は英文、もしくは渡航先の言語に翻訳されたものを携帯しておくと良いでしょう。

ねこまる
持ち出す薬の量が1ヶ月分を超えない場合は何の手続きも必要ないよ!

もし空港の検査員に聞かれたときに、何の薬か説明できるだけの準備はしておこう。

薬を持っていくときの注意点

1. お薬セットを作っておこう

海外旅行には万が一の場面に備えてお薬セットを作っておき、いつでも取り出せるように準備しておくことをオススメします。

お薬セットの中には先ほど紹介した3つの風邪薬に加えて、絆創膏やガーゼ、ステロイド軟膏などを入れておくと準備は万全です。

特に熱帯地域では蚊による感染症が怖いので、虫除けスプレーなども準備できると良いですね。

2. できるだけ薬を分散させておこう

荷物を紛失したとき、何の備えも無ければ最悪の事態も想定できます。

そのため、最低でも持ち歩きバッグ、そしてスーツケース(もしくはバッグパック)の中の2つに分散しておきましょう。

3. 機内持ち込み用の薬は透明のジップロックに入れておこう

機内に持ち込む薬の類は一まとめにして、透明なジップロックに詰めておきましょう。

薬の液体物は持ち込み制限の適用外なので安心して機内へ持ち込めますね。

なお、空港の検査員に薬の内容について聞かれる可能性があるため、聞かれた場合の英語の回答などをメモしておくとスムーズです。

海外で風邪をひいたら?風邪を即効で治す鉄板の対処法

ねこまる
もし海外で風邪をひいてしまったら、出来るだけ早く治したいよね。

こちらでは1日でも早く、安心して風邪に対処する方法を紹介していくよ!

1番確実なのは病院で診てもらうこと!

確実なのは病院に診てもらうこと海外においても、もっとも安全に、そして早く症状を和らげる方法は病院で診てもらうことです。

そこで必ず入っておきたいのが海外旅行保険です!

海外旅行保険に入っていれば治療費の補償が下りるため、お金はかかりません。

また相談すれば病院までのタクシー代さえ保険会社が負担してくれるんです。

いざっていう時に大活躍してくれるのが海外旅行保険なんですね。

海外旅行保険を使って現地診療を受ける時の流れ

① 現地の事故受付センターへ連絡

② 保険契約証を見ながら資格があることの確認をしてもらう

③ 担当者が提携病院を予約してくれる

④ 予約された提携病院に行き診療を受ける

ねこまる
海外旅行保険には加入したいけど、保険料が高いのは嫌だって人は「クレジットカード付帯保険」がオススメです!

クレジットカード付帯保険はその名前の通り、クレジットカードに付いている海外旅行保険だね。

例えばエポスカードなら、年会費無料でキャッシュレス診療(現地の病院を現金無しで受診できるサービス)が付いてるんだ。

病気には最高270万円もの補償がされていて、その他のトラブルに関しても補償額が大きいことで有名なんだ。

詳しくは「保険料0円!海外旅行の補償はクレジットカード付帯で手厚く受けよう」で説明しています!

海外で使える「風邪を速攻で治す方法」

風邪を速攻で治す方法風邪を引いてしまってすごく辛いけど、病院で見てもらうほど大げさじゃないかなって時、ありますよね。

僕はそんな時、知人の薬剤師さんから教わった方法で風邪を治しています。

僕も風邪を引きやすい方で、この方法を知るまで風邪を治すのに3~5日かかってたのですが、今では1、2日で本当に楽になるようになりました。

海外でも普通に使えるので皆さんも風邪を引いた時はぜひ参考にしてくださいね!

Step1. ビタミンCを接種して免疫力を高める

風邪に効果的な栄養素に、免疫力を高めてくれるビタミンCがあります。

ビタミンCは効かないんじゃないかって言われた時期もありましたが、今では多くの研究でその効果が証明されてるんです。

またビタミンCは取り過ぎても排泄によって外に出るので、健康に害が出ることはありません。

風邪を引いた時は1時間に1回取るくらいの頻度で免疫力をUPさせてあげてくださいね。

ねこまる
ちなみに、ビタミンCは薬局で売っているサプリメントで問題なく使えるよ

海外に持っていくお薬セットの中に忍ばせておこう!

Step2. 常備薬を飲んで症状を抑える

ビタミンCで免疫力を高めたら、次に常備薬を飲んで症状を抑えます。

もし「薬を忘れてしまった!」って時は、現地の薬局(drugstore)に行って店員さんに症状を伝え、適切な薬を選んでもらうと良いでしょう。

海外の薬は怖いなぁって方は多いかと思いますが、多くは日本の風邪薬よりも早く風邪を治すことができますよ!

Step3. 体温を高めてさらに免疫力UP!

ビタミンCと常備薬を飲んだら、身体を温めてあげましょう。

実は、人間の身体は体温が1℃低下すると免疫力が37%低下することが分かってるんです。

そしてこれは逆も然りで、身体を温めると免疫力を何倍にも高められるんですね。

温かいホットレモンなどを飲んで内側から、マフラーやダウンを着て外側から身体を温めてあげましょう。

Step4. ひたすら寝てもっと免疫力UP!

あとは無理に動かず、ひたすら寝ることに専念しましょう。

医学的にも、睡眠時間と免疫力は比例すると言われてるんです。

この4つのStepを辿れば通常の風邪くらいすぐに治すことができますよっ

オススメの方法なので、ぜひ試してみてくださいね!

まとめ:色んな場面を想定してしっかり準備しておこう!

色んな場面を想定してしっかり準備しておこう

ねこまる
いかがだったでしょうか?

海外で風邪を引いてしまっても、しっかり準備しておけば怖くないってことは分かってもらえたんじゃないかな?

ミーちゃん
ほんとだね!一番重要なことは風邪を引いたときでも困らないように、いろんな状況を想定して準備しておくってことだねっ!
ねこまる
その通り!今回紹介した風邪薬だけじゃなく、海外旅行保険なんかも出発する前にぜひ見ておいてねっ

というわけで、今回は海外で風邪を引いてしまったときの対処法とオススメ風邪薬を紹介しました。

まだ出発まで余裕のある方は色んなトラブルに備えてしっかり準備しておこうね!

それでは今日はここまで!

おしまいっ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事をSNSでシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です