初めてのバックパッカー!必要な持ち物や便利グッズリスト保存版

初めてのバックパッカー

人生で一度はやってみたい!

バックパックを背負って自由気ままに異国を巡り、同じように旅してる人と出会って現地の人と触れ合い…

そう。それがバックパッカー旅行の醍醐味ですよね。

これから出かける人はワクワクする反面、初めてのことで右も左も分からず、不安になる方も多いことでしょう。

そもそも、バックパックに何を詰めていけばイイの!?って疑問から始まることがほとんどだと思います。

ミーちゃん
来月にバックパッカーで海外旅行に行くんだけど、持ち物とか必要な荷物とか、全てが漠然としていてよく分からないんだよねぇ。
ねこまる
初めてだと不安が多いよね。でも安心してよ!
僕が1年間バックパッカーで周った経験から全部教えてあげるよ!
ミーちゃん
ほんとに?でも、その反面、何が起きても何とかなりそうな気もしてるんだぁ〜
ねこまる
イヤイヤ…(バックパッカーやる人ってほんとそういう人多い…)
準備次第で旅の楽しみも全然違ってくるから、しっかり用意しようよ!
ミーちゃん
そこまで私のこと考えてくれてるなんて・・・嬉しいっ!
ねこまる
(大丈夫かこの子は・・・)

というわけで、今回はこれからバックパッカー旅行に出かける人のために必要な荷物やあると便利な持ち物をまとめてご紹介していきます!

バックパッカー旅を120%楽しむための荷物準備のポイント

荷物は極力減らして行こう

ねこまる
荷物は多く詰めすぎると、せっかく楽しいはずの旅行が楽しめなくなっちゃうから注意しようね。
「旅の楽しさ」と「荷物の多さ」は比例する。これを覚えておこう!
ミーちゃん
なるほど。じゃあ、出発時の荷物はできるだけ大事なものだけに絞って、あとは現地調達した方がいいんだね!

まずバックパッカーが気をつけてほしいのが「荷物の多さ」です。
たくさん情報収集をしていると、どれも大切に思えてきて荷物が増えてしまいがちです。

でも、本当に使うものってそんなに多くはないんです。

僕も実際、張り切りすぎて荷物パンパンの状態で出かけてしまいましたが、捨てる羽目になったものもたくさんあります。

また、旅先を巡っていると現地でどうしても買って帰りたいものが出てくるものです。
こうした時にも、やはり荷物パンパンでは困ります。

そのため、あまり使わなそうな持ち物は現地で調達することをオススメします。

ミーちゃん
考えてたら全部必要に思えてくるなぁ
パスポートに財布、スマホ、充電器、お腹空いた時用のサバ缶、寝巻き、、、
ねこまる
・・・今サバ缶って言った?

機内持ち込みと預け入れ荷物を確認しておこう

海外旅行に行く時、ほとんどの方は飛行機を利用することになります。

バックパッカーは空港でチェックインを済ませる前に、荷物を「機内持ち込み用」と「預け入れ用」に分けておくとスムーズです。

例えば、バックパックのほかに、街歩き用のサブバッグがあれば便利ですね!

荷物は「機内に持ち込めるもの」と「持ち込みできないもの」があるので、下記の表を参考にして持ち物を仕分けてみてくださいね。

  機内持ち込み
(Carry-on baggage)
預け入れ荷物
(Check-in Baggage)
危険物と見なされるもの
例:可燃性物質(炭も不可)、酸化性物質(漂白剤など)、火薬類(クラッカーも不可)、引火性物質(オイルや塗料など)等
× ×
持ち込みのみ不可のもの
例:刃物や尖ったもの、スプレー、工具、ゴルフクラブなど長い物など
×
液体物の持ち込み
例:ジェル、クリーム、歯磨き粉、ワックス、マスカラ、プリンなど水分を含む物全般

液体物はすべて100ml以下の容器に入れ、ジッパー付きの透明プラスチック袋にまとめて入れること。1人1袋まで持ち込み可能。※医薬品などは袋に入れなくてOK

大きい液体物は預け入れるとGOOD。
お酒などは
1本あたり最大760ml、ボトル3本までなら免税されます。
サイズや重さの制限
  • サイズ:3辺の合計が115cm以内
  • 重さ:7kg以内〜20kg以内
    ※航空会社によって異なるため事前に確認が必要。
  • サイズ:3辺の合計が200cm以内
  • 重さ:20kg前後

※航空会社によって異なるため事前に確認が必要。

ここで注意してほしいのが、利用する航空会社によって荷物の「サイズ」や「重さ」の制限が変わること。

そのため、渡航前日までには利用する航空会社の以下の制限を必ず確認しておきましょう。

  • 機内持ち込み可能な荷物の数とサイズ/重さ制限
  • 預け入れ可能な荷物の数とサイズ/重さ制限

これらを超過すると超過料金が発生したり、捨てたくない物を捨てないといけなくなる場合もあります。

ミーちゃん
空港ってこんな決まりがあったんだ!ここで知れて良かった!
ねこまる
なかなか頻繁に空港を使わないと覚えられないよね。

飛行機での移動は特にお金を使いやすいから、しっかり注意したいところだね!

お金は色んな形に分けて持っておこう

お金の分散・管理

バックパッカーにとってお金は命綱です。
縁もゆかりもない土地でお金を失っては、最悪の事態も免れません。

しかし、盗難や紛失によって万が一お金を失ったとしても、予備のお金があれば何とか切り抜けることができるでしょう。

そのため、様々な形でお金を持つ/引き出せる/支払える状況を確保しておくことが海外で命を守る掟なんです。

ねこまる
具体的には現金、国際キャッシュカード、クレジットカード、海外プリペイドカードといったものを用意しておけると最高だね。(これらの持ち物に関しては後述します)

いわゆるリスク分散ってやつさ!

ミーちゃん
ねこまる君、かっこいい・・・!

それぞれの形態で用意したお金は、最低でも3箇所以上の場所に分散させておきましょう。

ちなみに、僕の場合は本体財布と街歩き用の財布を分けたほか、バックパックの中の背中部分やカメラケースの中にもお金を忍ばせていました。

参考にしてもらえれば幸いです。

「持って行ってよかった」持ち物リスト17選

喜ぶねこまる

ミーちゃん
ところでねこまる君はバックパッカーをしていた時に何を持って行ったの?
ねこまる
僕もいろいろ調べてから行ったけど、必要なかったなぁってものからあってよかったってものまで色々あったんだ。
まずは「持って行ってよかった!」と思ったものから紹介していくよ!

1. 旅の記し(日記やノートなど)

バックパッカーとして世界を旅した経験や思い出は一生の財産になります。
形はなんでも構いませんが、その時に感じたこと、心に残ったことを書き記せるものを持っていくと良いでしょう。

ねこまる
僕は日記タイプのものを持って行ったよ。今読み返しても鮮明に記憶が蘇ってきます。

2. サブバッグ

旅先を巡るときは基本的に宿にバックパックを置いておき、最低限の手荷物を持って外出するものです。
そのため小さめのバッグを持っておくと良いでしょう。

ねこまる
飛行機に乗るときの機内持ち込みにも使えるね!

3. キャッシュパスポート

キャッシュパスポートとは海外のATMで現金を引き出したり、クレジット機能の付いている旅の強力な助っ人です。
通常は10~30万円分のキャッシュパスポートを1枚用意しておくのが主流です。

これを持っているだけでキャッシュカードかクレジットカードのどちらか一方を失っても十分な一時しのぎとして活躍してくれますね。

ねこまる
必要ないって言う人もいるみたいだけど、僕としては必ず持っていくことをオススメします。
自分の命は自分でしっかり守ることを心がけよう!

4. 変換プラグ

これもめちゃくちゃ大活躍しました。
海外ではスマホを充電したりする時、日本と電源の差し口が異なります。

1つで色んな形に変形する変換プラグがオススメですよ。

5. 変圧器

スマホやミュージックプレイヤーなどを充電する時、海外の電圧に非対応な場合があります。
そんな時は変圧器を使って電圧を調整して電源に繋ぐようにしましょう。

ねこまる
最近の電化製品は海外の電圧にも対応しているものが多いけど、まだまだ注意が必要だよ!

6. 三又コンセント

ゲストハウスに宿泊した時、宿泊者どうしで充電口の奪い合いは避けたいところです。
そんな時、こちらを持っているだけで安心感がまるで違いますね。

7. ザックカバー

強烈な雨が降った時にバックパックを守ってくれます。
必須のアイテムと言えるでしょう。

8. ミュージックプレイヤー

音楽は人生に色を与えてくれます。

9. 南京錠

宿に泊まるとき、バックパックをロッカーに入れて南京錠をかけると安心して外出できますね。

ねこまる
大事なものは必ずロッカーに預けよう!

10. ジップロック

液体や溢れる可能性のあるものはジップロックに入れておくと安心です。
飛行機の機内持ち込みにも使えますね。

11. 中サイズのタオル2枚

ゲストハウスやユースホステルではタオルを提供していないことがほとんどです。
体全体が拭けるくらいの中サイズのタオルを2枚ほど持っていくと便利です。

ねこまる
バスタオルでは少し大きすぎるからね・・・

12. 折りたたみ傘

雨が降った時に使います。
僕の場合はレインコートは使わず、折りたたみ傘を常用していました。

ねこまる
バックパッカーはとにかく歩き回るからレインコートじゃ蒸れちゃうんだよなぁ。

13. 雨に強いアウター

防寒、雨よけともに活躍してくれるアウターはめちゃくちゃ重宝します。
ナイロン生地のウインドブレーカーなどが良いでしょう。

14. 羽織れるシャツ

気軽にサッと体温調節のできるシャツを持っておくと便利ですよ。

15. ジャージの下

動きやすくそのまま寝ることもできるジャージは重宝します。

16. 大きめのストール

ストールは本当に大活躍していました。
寒い時に巻くことはもちろん、膝掛け、割れ物にまく、バックパックを覆って一時的に隠すなど・・・

ねこまる
野宿した時の布団にもなってくれたよ。

17. サンダル

暑い国ではサンダルは必須でしょう。
また重量や容量もそこまで気にならないので、履かない時には持ち運びも楽チンです。

ねこまる
現地で調達してももちろん問題ありません!

「正直必要なかった」持ち物リスト3つ

困ったねこまる

ミーちゃん
逆に必要なかったなぁって持ち物って何かある?
ねこまる
結構あったねぇ。僕の必要なかったものはざっとこんな感じです!

1. カッパ

「持って行ってよかった」持ち物リストで触れましたが、カッパは旅先では暑いため使いませんでした。
ただし旅行先で登山する予定のある方は持って行ってもいいでしょう。

ねこまる
旅先でも買えるしね!僕は折りたたみ傘で十分でした。

2. デジカメ

防水のデジカメを購入しましたがこれもほとんど使わず・・・
結局旅の思い出はすべてスマホに納めていました。

ねこまる
最近のスマホはカメラの質もすごく良くなってきてるからね。
写真が好き!という人はもちろん持っていくべきだと思います!

3. 大量の衣類

旅先でも気分を変えたい!おしゃれしたい!という時もあるでしょう。
しかし、大量に持って行って空港で重量オーバーが発覚した時は否応なく捨てなければいけません。

ズボンやシャツは2セットくらいで、汚れやすい下着などは3着ずつくらいあれば良いですね。
あとは旅先でいくらでも買えますから。

ねこまる
僕はこう見えておしゃれ好きなのである。
旅先で衝動買いした衣類も結局使わなかったものは数知れず・・・!
(結局旅先でほとんど捨てちゃいました・・・)

「持っていけば良かった」持ち物リスト5選

ミーちゃん
持っていかなくて後悔した持ち物知りたい!
ねこまる
もちろんさ!こいつらがあればもっと快適な旅行になっていただろうなぁ・・・

1. ノートパソコン

バックパッカーにとって情報は命です。
そんな時、薄いノートパソコンがあれば間違いなく大活躍するでしょう。

ゲストハウスやユースホステルではwifiが飛んでいるので、次の旅先への移動方法や治安、食べ物や文化を調べることに使うととても便利ですね。

ねこまる
僕は携帯しか持っていかなかったから情報収集がかなり大変でした。
パソコンがあればもっと快適に調べられたんだろうなぁって思ってます・・・

2. Kindle

バックパッカーは移動中なにをしているか。
そうです。とにかく暇なんです。

そんな時、手元にミュージックプレイヤーしかないとどうなるでしょうか。
賢いみなさんは簡単に想像できますね。

3日くらい音楽を聞きたくなくなります。

一方、海外のバックパッカーはかなりの確率でKindle本を持っていました。
好きな本を読みながら旅先を巡るのもまた趣があって良いですよね!

ねこまる
僕は南米でのバス移動で最長32時間バスに乗っていたことがあったんだ。
そんな時、ミュージックプレイヤー以外にもKindleがあれば退屈しなかっただろうなぁ

陸路で長距離移動のある方にはKindleを持っていくことをオススメします!

3. 地球の歩き方

地球の歩き方にはバックパッカーの知りたい情報がすべて記載されています。
現地の治安や食べ物、交通手段、次の旅先への移動方法…

「旅は予想外のことが起こるから楽しい」という方がいますが、知識が無さすぎると楽しめないばかりか身の危険にも晒されることがあります。

ねこまる
こうしたガイドブックがあると現地を歩いていても視点が広がってより楽しめるんだ。
でも、本で持っていくと重くなるからKindleにダウンロードしておくと便利だね!

4. simフリー携帯

simフリー携帯とはDocomoやau、ソフトバンクなどの携帯キャリアを通さず、専用の通信カード(simカード)を挿入するだけで格安でネット通信できるスマホのことです。

海外の人は当たり前に使っていますが、日本では最近になってやっと流行り出したといったところでしょうか。

海外では当たり前に使われているため、現地の空港やコンビニで簡単にsimカードを購入することができます。
すると、wifiの通っていないエリアでも現地の価格でスマホ通信ができるというわけです。

ねこまる
現地のsimカードを手持ちのsimフリー携帯に挿入するだけで利用できるんだ!
日本のsimフリー携帯会社はフリーテルやUQモバイルなどがあるね。

バックパッカー旅に出かける方は必ず用意しておきたいアイテムの一つです。

5. 空気まくら

空気まくらとは、飛行機やバスでの移動中に空気を入れて膨らませられる枕のことです。
先ほどお伝えした通り、長距離移動の時にこれを持っていないと首が死にます。

外国人バックパッカーは何も持っていない僕に見せびらかすように空気を入れていました。

ねこまる
正直、剥ぎ取ってやりたいと思ったね。
良い子は無駄にケチらず、しっかり準備しておこうね。

「これがあれば便利!」持ち物リスト

便利な持ち物

ミーちゃん
他にもこれがあったら便利だなぁって思うものは何かある?
ねこまる
たくさんあるよ!多いので下に表でまとめてみました!
便利グッズ 概要
トイレットペーパー 紙がないと何かと不便なことが多いです。
例えば、長距離バスに乗っている時にトイレに行きたくなりますね。そんな時、紙が無ければどうなると思いますか?
あなたには分かりますね。
緊急セット
(ストッパ、バファリン、バンドエイドなど)
緊急セットも大事です。
健康な体は旅行を楽しむうえでは無くてはならないものですから。
もこもこ靴下 寒い国に行く方はもこもこした厚手の靴下があると重宝します。
海外の寒いは日本のそれとは比べものにならない時があるため注意が必要です。
洗濯セット
(洗濯紐、大きなビニール袋、粉洗剤、洗濯ばさみなど)
大きなビニール袋に洗濯物を入れ、洗剤を入れてゴシゴシ洗うと自分で洗濯できますね。
あとはゲストハウスやホステルの自分の部屋やベッドの上に紐をかけて、洗濯バサミで洗濯物を干すだけです。
バックパッカーのかしこい生活術の一つです。
衛生セット
(歯磨きセット、カミソリ、爪切り、シャンプーなど)
海外でもエチケットは大切です。
移動する時、これらは必ず預け入れ荷物の中に入れておきましょう。
簡単な裁縫セット シャツのボタンが外れた時に裁縫セットがあると自分で取り付けられて便利です。
トラベラーズチェック(T/C) 海外で使える旅行者専用の小切手です。銀行や郵便局、空港、インターネットなどで購入することができます。
外貨に両替するよりもレートが良く、使用期限もないため長期旅行者にも便利です。
クレジットカードやキャッシュカード、現金以外にT/Cを持っていると安心ですね。
ISIC(国際学生証)

学生の方へ。海外でもホテルや観光地、航空券などで学割の使える場面が多くあります。

ISICはユネスコが発行している国際学生証です。
申請は日本各地にあるユネスコの店舗、または郵送にて行うことができます。

国際免許証 国際免許証があると旅の幅が広がります。
海外でのライドシェア、レンタカーなど、旅友と車で旅先を周遊するのも楽しいでしょう。
管轄の運転免許試験場や警察署で申請することができますよ。
ミーちゃん
どれもとても大切だねぇ!しっかり準備しておきます!

その他必需品リスト

ねこまる
その他、旅に必要とされるのは次の持ち物くらいです!
必ず必要になるので旅行前にしっかり確認しておこう!
バックパッカー旅の必需品リスト

  • パスポート(入国したい国のVisa付き)
  • パスポートのコピー
  • 現金(日本円で5万円ほど)
  • クレジットカード(海外保険付きのもの)
  • 国際キャッシュカード
  • イエローカード(予防接種を受けた証明書)

※イエローカードは行きたい旅先の国が予防接種を求める場合のみ必要。

バックパッカー旅に必要な持ち物はざっとこんなものです。
旅を120%楽しむためにも、準備をきちんとしたいところですね。

まとめ 〜旅の準備は今日から!〜

ねこまる
どうだった?これでミーちゃんの参考になったかな?
ミーちゃん
分かりやすく教えてくれてありがとう〜!
荷物はそんなに多くなさそうだから旅行の3日前くらいに準備を始めれば大丈夫だねっ!
ねこまる
エッ∑ いやいや… クレカとかパスポートの申請は終わってるの?
Visaとか予防接種は大丈夫?
ミーちゃん
あ、まだだ、、、え〜っと、Visaとか予防接種は重要なんだっけ?
ちょっと、もう一回教えてくれる? テヘッ
ねこまる
(勘弁してくれよマジで…)

ってことで。笑

皆さんは早めに準備しておきましょうね。

おしまいっ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事をSNSでシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です